ハゲ肝の世界


ハゲ肝の2馬力ボートでの釣行記録や徒然なることがらを不定期に記します
by hagekimo
最新のコメント
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

近場のアジ釣り

11/17(金)


今回は近場でのアジ釣りです。

近場とはいうものの、ハゲ肝の自宅から釣り場へは実測18kmあります。

エサ購入のため寄り道をするのでおよそ20kmとなります。

実は昨年のこの日、150匹釣りあげました(^^)


さて、今回のメンバーはI倉さん、そして現地ではきっと手漕ぎのH名人も来ていると思われます(^^

午前7時前に現地に到着、すると手漕ぎボートがすでに沖で浮かんでいました(^^)/

急いで出船準備にとりかかります。

そして2艇が出港、まずはH名人にご挨拶と釣況確認。

小アジ1匹とフグ多数とのことなので我々は別のポイントへ行くことにしました。

c0090725_08011940.jpg

500mほど南下したポイント周辺で魚探とにらめっこ(@_@)

程よい反応はありません。

そんな中、さきに釣り始めたI倉さんにアジがヒット。

急いでハゲ肝もそこにアンカリングして釣りを開始するも群れが小さいため長続きしません。

ハゲ肝は4匹釣ったところでポイントを移動。

100mほど離れたところで釣りをしている船のそばへ行ってみるとポツリポツリアジが釣れているようです。

近くで釣らせてもらいます。


この方はハゲ肝の自宅に近いところから来ているそうで、週に2~3回釣行しているそうです。

しかしここでも釣れたのは数匹程度、ふたたびI倉さんが釣っているポイントへ戻ります。

H名人もやって来ました。

潮が良くなったのか入れ食いとまではいきませんが先程よりはよく当たります。


しかしこの日は大潮、潮流が速くなっては釣りにならずふたたび移動。

エサがなくなった午後2時に納竿としました。

c0090725_08043501.jpg

ハゲ肝の釣果はアジ20~23㎝が30匹ちょうどとハゲ1匹、ガシラ1匹でした。


[PR]

# by hagekimo | 2017-11-18 08:08 | Comments(0)

太刀魚夜釣り

11/12(日)

今回は陸っぱりでの太刀魚夜釣りに挑戦です。

この釣りは一昨年も何度かチャレンジしています。


午後4時に現地に到着しましたが誰もいません。

とりあえず一昨年の場所で釣りを開始しました。

最初はテンヤ釣り、エサはもちろんキビナゴですが、今日はスーパーで見つけた生のキビナゴ(1パック198円で50匹ほど)、冷凍とは違うので食通の太刀魚が釣れそうです(^_-)-

まだ陽は高いですが、先日の栄丸さんと釣った場所に近く、昼間も釣れるはずです。

c0090725_08224060.jpg

そのうちに他の釣り人も何人かやって来ました。

その中にハゲ肝のボート釣り仲間Nさんの知人の方もいました。

この知人はほぼ毎日来ているそうで、この日は朝も来ており7匹釣ったそうです。

さっそくこの方にヒット、さらに2匹目もゲット、さすがです(@_@)


テンヤ釣り素人のハゲ肝、見よう見まねで同じようにしているとグッと締め込むアタリ。

上がってきたのは指3本足らずの小ぶりな太刀魚でした。

その後この知人の方は2本追加しハゲ肝も1本追加したころ、知人の方は帰られました。

時間にして1時間余りでした。


6時頃までテンヤを続け合計5匹となったところでウキ釣りに変更し2匹ゲット。

すると栄丸さんが覗きにやって来ました(^^)/

ほどなくしてイレさんもやって来ました、びっくりです!(o)

栄丸さんとは連絡をとっていましたが、イレさんとは連絡をとっていません・・・

聞くと、栄丸さんから聞いたそうです、ナットク(^^)


二人が見ている間になんとか1匹と思いましたがアタリはありませんでした。

二人が帰った後、しばらくして1匹追加。

8時30分頃にもう1匹を追加し合計9匹となりました。

2桁を目指しましたが、アタリがなくなり向かい風も強くなったので納竿としました。

c0090725_08233505.jpg

太刀魚の歯が危険なため、頭を現地で落としているため残酷な画像になっていますm(__)m


[PR]

# by hagekimo | 2017-11-13 08:24 | Comments(0)

陸っぱり、そのあとボート

11/6(月)

この日は陸っぱりの釣りとボート釣りの2連チャンを計画。

まずは陸っぱりの部です。

メンバーは栄丸さん、狙う獲物は太刀魚です。


530分に現地に到着、すでに栄丸さんが待ってくれていました。

この釣り場はハゲ肝には初めての場所、栄丸さんに釣り座を教えてもらいさっそく釣り開始。

ルアー竿でのテンヤ釣りなのですが、ハゲ肝はほとんど経験がありません。

2投目にさっそくラインブレイク、テンヤは彼方へ飛んで行ってしまいました(-_-;)

もう一本の竿(普段キス釣りに使っている20号2.7m)で再開です。


ハゲ肝がそんなことをしている間に栄丸さんはすでに2匹の太刀魚をゲット!(o)

さすがです。

ハゲ肝にもやっときました、指3本弱のサイズでした(^^)/

その後栄丸さんが更に4本を追加、ハゲ肝は1本を追加しました。

栄丸先生から道具やらエサやらいろんなことを教えてもらい第一ラウンドは終了、第二ラウンドに移行です。

930分、栄丸さんに別れを告げ第二ラウンドの現地に向かいました。


出船準備を済ませポイントへ到着も魚探に反応がまったくありません。

しかたなく次のポイントへ。

こちらでは僅かに反応があるものの狙いのアジが釣れません。

チャリコ、イソベラ、オセンばかり。

結局、3時間余りでハゲが2匹クーラーに入っただけで終了。

港に帰ってくると、岸壁で朝から釣っていた老夫婦がイワシ23㎝くらいを26Lクーラー3個に満タン釣っていました。

しかもハゲ肝が帰る際もまだ釣り続けていました。

沖に出てハゲ2匹、岸壁ではイワシとはいえクーラー3バイ以上・・・(-_-;)

それにしてもあれだけのイワシをどうするんだろう・・・!?


c0090725_09072420.jpg

画像は本日のハゲ肝の釣果の太刀魚です。

歯が危険なので頭を落としています(^^)



[PR]

# by hagekimo | 2017-11-07 09:11 | Comments(2)

またまたアジ釣り

10/31(火)

近場へアジ釣りに行ってきました。

本日のメンバーは久しぶりのI倉さんです。


午前520分、屋島つり具へ。

ところがシャッターが閉まったままで真っ暗。

10分ほど待つも開く気配がありません。

仕方なくI倉さんが電話をすると寝坊していたとのこと、しばらくしてシャッターが上がりました。

エサを調達して現地へ向かいます。

現地到着は明るくなり始めた550頃でした。

c0090725_09483847.jpg

出船準備が整った頃に手漕ぎ名人のHさんがやって来ました。

この日、Hさんは釣る予定はなく覗きに来ただけのようです。

さっそく今日の潮でどこが釣りやすいかを聞きこみます。

最初の2時間はどのあたりのポイント、潮が速くなればどのあたりといった具合です。

その教えを受けて2隻は出港、教えてもらったポイントに到着です。

なるほどほどよい潮の流れで釣りやすい感じです。

しかし、魚探の反応が芳しくありません。

最初の2時間をここで頑張ったもののアジは数匹しか釣れませんでした。

そして次のポイント。

しかしここでも反応はなくアジは釣れませんでした。

I倉さんはタイラバに移行しました。

I倉さんがひと流ししたくらいの時間にパタパタっと数匹のアジが釣れたので電話を入れました。

ふたたびI倉さんも合流しましたが、アジが釣れなくなりました😭

そしてここで事件が・・・

I倉さんの船外機のシャーピンが折れてしまいました(@_@)

ここからはハゲ肝丸とI倉丸を繋いでの行動となりました。

2馬力で2隻なので移動もチンタラチンタラ(^^

ところが、ここでI倉さんが仰天行動!

狭いボート上でなんと船外機のシャーピン交換を始めました。

何とか無事に交換も済み、晴れて独自行動がとれるようになりました()

ここまであまり釣れていない二人でしたがエサも残り僅かとなって最後のポイントで開始です。

すると、ハゲ肝にアジが釣れ始めたため、またまた2隻のボートを繋いでの釣りとなりました。

2連、3連もありお祭りモード。

群れも去りエサもなくなった15時過ぎに納竿としました。

c0090725_09492931.jpg

本日のハゲ肝の釣果アジ43匹(このほかに15匹ほどおすそ分け済み)です。


[PR]

# by hagekimo | 2017-11-01 09:49 | Comments(2)

近場でアジ釣り

およそ1カ月ぶりの釣行です。

今回も近場でのアジ釣りです。

メンバーはこの地のヌシ、手漕ぎのH名人。

H名人はおおむね2日に1日は釣りに来ていますが、今回は台風21号の影響もあってしばらく来ていないのだそうで情報はありません。

それでも、今日の潮だと8時まではこのポイント、その後はあのポイントというように潮の動きをすべて把握しているのでありがたいです。

手漕ぎのH名人です。

c0090725_16222759.jpg


というわけで最初のポイントです。

なるほど、ほどよく潮が動いています。

ただ、魚探に反応がありません。

しかし、他のポイントは潮が速すぎて釣りにはなりません。

仕方なくこのポイントで頑張ることにしましたが、さすがに釣れません。

今日もボートのすぐそばにカモメがやってきました。

エサをくれとガーガー鳴いています。

それにしてもカモメは声が良くありませんね。

c0090725_16233904.jpg

結局ここではアジは釣れませんでした。

他のポイントのいい潮の時間が来たのでそちらに移動です。

しかし、こちらも魚探に反応がありません。

ここでもしばらく頑張ることにしました。

すると、魚探に反応がないなか忘れたころにアジが釣れます。

結局この日は一日中こんな感じでした。

H名人はサビキ仕掛けの下にエサを付ける針をセットした仕掛けでアジのほかにカワハギやベラ、フグ(香川では平気で食べる人が多い)をたくさん釣っていました。

c0090725_16241460.jpg

画像は本日のハゲ肝の釣果(アジ9匹、ツバス1匹)です。なお、このほかに25㎝のタイとグレを釣りましたがリリースしました。


[PR]

# by hagekimo | 2017-10-25 16:24 | Comments(0)

単騎出陣のはずが・・・

9/23(祝)

近くの海へアジ釣りに行ってきました。

というのも先日この釣り場を覗きに行ったところ、手漕ぎの釣り名人Hさんが釣りを終えて帰港してきました。

釣果を見ると20㎝近いアジをたくさん釣っていました。

これまでにもHさんとは連絡を取っており、その情報では小さいアジやイワシしか釣れんと言っていたのでてっきりマメアジくらいかなと思っていました。

この日の釣果を見て、「小さいアジと言っていたのがこれですか?」「そうや、こまいやろ!?」とのこと、「いや、この時期十分なサイズです。」

ということで今日の出陣となったわけです(^^


誰にも声をかけず単騎出陣で現地に到着すると・・

スロープにユズ丸さんが出船準備中\(o)/!


c0090725_07515863.jpg

ユズ丸さんとはシロさんの告別式以来です。

ユズ丸さんも単騎出陣のつもりだったそうです。


ハゲ肝はアジ釣り、ユズ丸さんはタイラバ、それぞれポイントへ向かいます。

最初のポイントには6時半くらいに到着し釣りを開始するも流れが速くて釣りになりません。

次のポイントは程よい流れで魚探の反応も上々(^^)

さっそくアジが釣れ始めました。

ところが、10匹くらい釣ったあとさっぱり釣れなくなりました。

魚探の反応もなくなりました。

その後ポイント移動を繰り返すもいまいち反応がよくありません。

ハゲ肝が移動するたびカモメも一緒に移動してきます。


c0090725_07553036.jpg

このカモメは手が届くほど近くにきます。


昼近くになりやっとポイントを発見し30匹ほど追加しました。

エサも少なくなったころイレさんから電話。

こちらに向かっているそうです。

もうじき陸上がりするんだけどと言うもボートを浮かべたいだけだからとのこと。

結局、ハゲ肝とユズ丸さんが帰り支度をしている時にイレさんが到着しました。

この日ユズ丸さんは3040㎝くらいを2匹だったそうです。

その後イレさんは釣れたのだろうか・・・?

c0090725_07583313.jpg


画像はこの日のハゲ肝の釣果(アジ40匹、青ベラ1匹)です。


[PR]

# by hagekimo | 2017-09-24 07:58 | Comments(4)

えっとぶりも撃沈

/9(土)


前回(7/28)は灼熱地獄だったため8月は釣りを封印、天気予報を見ながらこの日の釣行となりました。

えっとぶり(阿波弁で「久しぶり」の意)釣行のメンバーはNさん(^^)/


4時30分に家を出て途中淀つり具でエサを調達。

現地に着くとすでに2隻が準備中でした。

2隻とも二人が乗船しての釣りのようです。

狙うはアオリだそうです。

2隻が出港した後Nさんが到着です。


この日、Nさんとハゲ肝はアジ狙い、ほどよく釣れればその後タイラバやタコ釣りも考えています。

二人は、いかにして小アジやイワシを避けて良型のアジを釣るかを考えていました。

いよいよ出港、まずは近くのポイント(水深18m)から。

魚探にはいい反応が出ています(^^

と・こ・ろ・が・ ・ ・

一向にアタリがありません。

たまに釣れるのはベラのみ。

ポイントを移動することにしました。


沖のポイント(水深21m)も魚探にいい反応。

今度こそと二人が気合を入れるもこちらもアタリがありません。

仕掛けを変えてみても同じです。

心配していた小アジやイワシどころかオセンすら釣れません。

どないなっとんじゃー


Nさんはその後タイラバに移行もエソが釣れたのみ。

結局、14時前に納竿としました。

撃沈です。

今日は画像がありませんm(__)m


[PR]

# by hagekimo | 2017-09-10 14:26 | Comments(3)

灼熱の太陽&スロープ


7/28(金)
猛暑の中、久しぶりに行ってきました。
メンバーは
N
さん。

午前4時過ぎに淀つり具に到着し、まず最初にツバメの巣を確認。

でも気配がありません。

淀のママさんによると、ツバメは巣にいるとのこと、まだおやすみ中のようです(^^)

エサの赤アミを調達して目的地へ。

現地に到着すると、天気は曇り空でそよ風が吹いています。

さっそく出船準備、しばらくしてNさんも到着し準備にとりかかります。

そして出港、まずは近くのポイントから・・・

魚探にはしっかり反応が出ていますが、出過ぎのような気がします。

仕掛けを投入すると、案の定、豆アジが入れ食いです。

本日狙っているのは、この豆アジではなくもう少し大きめのアジ。

しかし、狙いのアジは釣れず、豆アジが針の数だけかかってきます(-_-;)

すべてリリースし、沖のポイントへ移動。

c0090725_09384358.jpg

ハゲ肝のボートに繋いでアジを狙うNさん。

こちらでは底付近に反応があるのに何も釣れません。

しびれを切らしたNさんはタイラバに移行しました。

ハゲ肝はしつこくアジを狙います。

Nさんはタイラバで35cmのタイをゲットしましたが、後が続かず再びハゲ肝のところへ。

正午ごろまで何も釣れず、最初のポイントへ戻って豆アジでもと言っていたその時Nさんにアタリ。

上がってきたのは狙っていたサイズのアジ。

するとハゲ肝にもアタリ。

狙いのアジが入れ食いになってきました(^^)/

しかし、入れ食いタイムは長くは続きませんでした。

10匹くらい釣ったところで群れが移動したのかまったくアタリがなくなりました(-_-;)

結局、この日はこれで終了。

なお、午前中は曇りがちでほどよい風もあったのでさして暑くはなかったのですが、問題はここから・・・

14時くらいに帰港したのですが、炎天下でしかもスロープは熱した鉄板のよう、ボートの仕舞い作業が大変でした。

しかし、帰る途中で何カ所か工事をしていたのですが、交通整理の人も含めみなさん頑張っておられました、脱帽!!

c0090725_08310262.jpg

本日のハゲ肝の釣果です(-_-;)
16~26㎝のアジとベラです。



[PR]

# by hagekimo | 2017-07-30 08:33 | Comments(0)

シロさんご逝去

7/12(水)
残念なお知らせです。
当ブログにも何度となく登場し、コメントもたくさんいただいたシロさんが昨夜ご逝去されたそうです。
大腸がんと必死に闘っていたのに残念です。
シロさんのブログが3月末以来更新がされていなかったので心配していました。
ハゲ肝は3カ月前に会って1時間余り話をしたのが最後となってしまいました。
残念‼
ご冥福をお祈りいたします。

[PR]

# by hagekimo | 2017-07-12 07:21 | Comments(2)

雨中の釣り

6/30(金)
我が家の愛猫てまりの夕食用のアジがなくなったのと、利用しているスロープが7月、8月は利用しづらくなるので直前のこの日に行ってきました。
メンバーはNさん。
天気予報では夕方までは曇りということだったのですが、実際には9時ころから雨が降りだしました(-_-;)

午前4時過ぎに淀つり具に到着。
例によってツバメさんの巣をのぞくと親ツバメがいました。
卵をあたためているようです。
c0090725_13591907.jpg

さて、本日はアジ釣り一本でいこうと赤アミ200円×3コ、氷200円を購入、ママさんの「頑張ってね!」のエールを背に出発。

現地に到着し出船準備をしているとNさんから「今、家を出たところなので先に釣りよってください」とのこと。
まずはいつものポイントから・・・
すると前回と同じくエサを入れずに投入した仕掛けにさっそくアジが釣れました。
そのためしばらくはエサを入れずに投入を続けると一投ごとに1匹釣れます。しかし最初のひと流しだけでした。
仕方なくエサを入れて釣りを開始。
ポツリポツリと20㎝クラスが上がって来ます。
しかし、20匹あまり釣ったころアジが釣れなくなり雨も降りだしました。

気分転換に少し沖のポイントへ移動。
最初のひと流しめに強い引きがありました(^^)/
慎重に上げてくると、大きなメバルが4連で釣れました(@_@)
メバルポイント発見とばかりに魚探にポイントを登録。
しかしその後はいくらそのポイントを攻めてもメバルは釣れませんでした(-_-;)

午後0時過ぎにSさんが、もうエサがなくなったから先に帰るとのこと、メバル以降アジも釣れていなかったので引き留めることはできませんでした。
ところがそれから30分くらい経った頃、大きめのアジが入れ食いになりました。
さっそくNさんに電話。
Nさんはボートから荷物を下している最中でした。
「ハゲ肝のエサがまだたくさん残っているのでNさんの気力が残っているなら再度来ませんか?」
誘惑に負けたNさんが再びやってきました(^^)/
その間(約30分くらい?)アジの食いが終わらないか心配でしたが、到着するまでなんとか継続してくれました。
そしてNさんも再開し30㎝近いアジを次々と追加していきました🙌
いよいよエサがなくなった午後2時に納竿。
久しぶりの豊漁となりました(^◇^)

c0090725_14372123.jpg
この日のハゲ肝の釣果です。
20~29㎝アジ56匹、良型メバル6匹でした。
なお、Nさんも再開後の入れ食いで同型アジ30匹超だったようです。

ところで、納竿の頃には日も差しはじめましたが、天気が良くなかったのがアジやメバルの豊漁の要因だったかも知れません。



[PR]

# by hagekimo | 2017-07-01 14:41 | Comments(2)