ハゲ肝の世界


ハゲ肝の2馬力ボートでの釣行記録や徒然なることがらを不定期に記します
by hagekimo
最新のコメント
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

6/15の補足

前回の投稿は画像のみだったため補足です。
今回はI倉さんも参加でき、3人での出撃となりました。
現地到着は5時くらいでしたが、港の活動が活発になるまで出船準備を待ち、5時半くらいからスタート。


c0090725_7533511.jpg



今回、I倉さんとT師匠はタイラバ一本、ハゲ肝は愛猫てまりのためアジを釣ってからタイラバを予定しています。
6時半くらいに出港となりました。
アジポイントに到着し魚探を覗くとうっすらと魚影が映っています。
さっそく仕掛けを投入すると25㎝くらいの型のよいアジがヒット。
その後も入れ食いのような状態が続きましたが、エサ(赤アミ)を1個=100円しか持参していなかったため1時間ほどで終了、タイラバに向かいます。

c0090725_7543682.jpg


まずI倉艇に近づいてみると2匹目のタイを取り込み中でした。
画像は釣り上げたタイを手にするI倉さん

T師匠はまだノーヒットらしい。
さっそくハゲ肝もタイラバをスタート。
ほどなくしてヒットしました。
上がってきたのは40㎝弱の綺麗なタイ。
その後、師匠にもヒットし全員安打達成です(^_^)v

フグにタイラバをボロボロにされながらもみんな根気よく攻めます。

その結果ハゲ肝は40~64㎝を3匹追加、師匠も65㎝のタイと大きなシイラを追加、I倉さんは最初の2匹のタイいずれも65㎝オーバーと大きなホウボウ3匹でみんなニコニコでした。

ところで邪魔者のフグですが、このフグはシロサバフグという種類で無毒なので食べられます。
この日、ハゲ肝は35㎝を2匹持ち帰りました。
無毒と知った師匠は10匹、I倉さんも数匹持ち帰りました。
後日、師匠からから揚げにしたところすごくおいしかったので、次回からは全部持って帰るとのこと(@_@;)

c0090725_756934.jpg

画像は穏やかな海と師匠
[PR]

by hagekimo | 2014-06-19 07:57 | Comments(3)
Commented by (=^0^=)/ひろし at 2014-06-20 15:29 x
白サバフグ、美味しいですよね。
ただ良く似た黒サバフグには毒が在るので気を付けてお持ち帰りして下さい(p_-)
Commented by ハゲ肝 at 2014-06-22 08:19 x
ひろしさん!! こんにちは。
ハゲ肝の調べたところではクロサバフグは味は落ちるけど毒はないようです、しかしドクサバフグは身にも皮にも精巣にも猛毒があるそうです。
ただ、背側のトゲの付きかたや尾ひれの形状から容易に判断できます。
ところでこのシロサバフグですが、地元の漁師さんから肝が大きくてうまいので是非食べてみろと言われましたがまだ食べていません。
師匠が食べてみるとのことなので、その状況をみてからにします(^_-)-☆
Commented by (=^0^=)/ひろし at 2014-07-16 18:28 x
ハゲ肝さんが調べたサイトでは、毒は無いと書かれて居たかも知れませんが色んなサイトにクロサバフグは毒ありと書かれてるので気を付けて下さいね。
嫁さんの実家の隣の人がフグ毒で無くなったのを実際見た事が在るので心配です。
本当に苦しみぬいて亡くなってますので。
<< 職域団体釣り部に参加 とりあえず画像を >>