ハゲ肝の世界


ハゲ肝の2馬力ボートでの釣行記録や徒然なることがらを不定期に記します
by hagekimo
最新のコメント
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

栄丸さんも参加して

6/2(火)
今回もAへ。
メンバーはT師匠と栄丸さん。
実は師匠は5/29にも来ています、恐るべき執念!!
その時は40~60㎝のタイを4匹とシロサバフグを多数釣ったようです。

さて、この日は3人とも最初はアジ→ヒラメ狙いでスタートしましたが一向にアジが釣れません。
ということは当然ヒラメも狙えません。
なんとかハゲ肝に3匹釣れましたがエサにするにはちょっと大き過ぎ。
それでもそのうちの1匹をエサにして投入しました。
あとの二人にはまったくアジが釣れず3時間ほどで断念し例によってタイラバに移行。

ハゲ肝のヒラメ仕掛けにもまったく反応がなかったためハゲ肝もタイラバへ。
二人はいつもの辺りを流していますがシロサバフグのアタリもないとのこと。
そこでハゲ肝はこれまでに狙ったことのない場所で流しをスタート。
しがらくしてゴンッ!というアタリ、結構抵抗しながら上がってきたのはハゲ肝待望のオオモンハタでした(^_^)v
この調子なら・・・と期待しましたがアタリが来ません。
シロサバフグのアタリもないのでタイラバが傷みません(これは良いことなのか悪いことなのか)
その後、何回かタイラバに反応がありましたがなかなか掛かってくれません。
タイラバが傷んでないのでフグではなさそうです。

結局、その後追加したのは小さいオオモンハタとタイのみ。
あとの二人も苦戦を強いられ、師匠は小ダイと小ホウボウのみ、栄丸さんは納竿直前に40㎝のタイをゲット。
午後に入り次第に風波が強くなってきたため13時過ぎに納竿としました。
今回は水温22℃、潮の色もよかったのに食いが今一つ。
理由が分かりません、ひょっとしたら師匠がこれまで釣りすぎたため個体数が減少!?

c0090725_8373868.jpg


画像はハゲ肝の釣果(オオモンハタ55、33㎝ 小ダイ26㎝ほか)です。
[PR]

by hagekimo | 2015-06-03 08:37 | Comments(4)
Commented by 野猿 at 2015-06-03 18:34 x
昨日はお疲れでした。実は昨日の昼間に師匠よりの連絡でハゲ肝さんと栄丸さん二人が野猿ポイントを荒らしまくっているとの報告がありました。いつものポイントは師匠が釣りきってしまったせいで当たりが無かったのでしょう(笑)「師匠」改め「掃除屋」と呼ばせてもらいませんか\(^-^)/
Commented by ホープⅡ at 2015-06-03 20:14 x
でっかいオオモンハタいるんですねー!

夢の50オーバー  あっさり釣られてしまいました
今度、こっそりポイント教えて下さい。
Commented by hagekimo at 2015-06-03 21:17
野猿さん、こんばんは!
「掃除屋さん」いいですね(^.^)
でも本当に掃除されてしまったら困りますので波風たてないように今までどおり師匠でいきましょう!
それにしても師匠の出撃頻度は半端ないですね。
そのうち禁漁期間を設けられるかも・・・
Commented by hagekimo at 2015-06-03 21:25
ホープさん、こんばんは。
オオモンハタ、美味しかったですよ(^_^)v
今度ご一緒したときにお教えします。
ただしその場所にはもう居ないかも・・・
実は、去年オオモンハタが良く釣れたポイントを先日師匠が攻めましたがノーヒットでした。
<< 梅雨の晴れ間を見つけて 暑さに負けず >>