ハゲ肝の世界


ハゲ肝の2馬力ボートでの釣行記録や徒然なることがらを不定期に記します
by hagekimo
最新のコメント
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

新師匠(仮称)のおかげでアジ入れ食い

10/19(月)

今回もアジを狙って出撃です。
前回が散々な結果だったので今回はまさにリベンジです。

T師匠と午前6時前に現地到着。
準備は6時からしようと時間待ちをしていると、軽トラックにFRPボートを積んだ方が到着。
タイラバをするそうです。
この方によると、タイのほかヒラメも釣れるとのこと。
これまでハゲ肝たちはこの場所ではタイのほかにはグチ、エソくらいのもの・・・

しばらくするともう一人の方がやって来ました。
この方はリョービの手漕ぎボートです。
そしてこの方はハゲ肝がここに来たときは必ず出船していました。
師匠も昨年、I倉さんと来た時に会っているそうです。
その時にアジのポイント(前回、前々回ハゲ肝が狙ったポイント)を教えてくれたそうです。

それぞれが準備を終えて出港。
ハゲ肝たちはそのポイントへ。
底付近にわずかに反応がありますが、アタリがありません。
この日は小潮で時間的にも潮はあまり動かないはずですが、そこそこ流れがあります。
底まきカゴのサビキ仕掛けなのでマキエとサビキが一致していないのかもと考え、潮上から流れに合わせてさびきますがノーヒット。
二人で付近を捜しますがアジらしき反応がありません。

1時間以上そんな状態が続き、ところでリョービの方はどこで釣っているんだろうと目を凝らすと、いました! はるか向こうに・・・
とりあえず行ってみようということでリョービの元へ。
すると丁度アジを釣りあげているところでした(@_@)
なんと、前回から求め続けたアジが釣れている・・・

「近くで釣らしてもらっていいですか?」
「どうぞ、どうぞ」
というわけですぐそばで二人も釣り始めました。
なんと、ここでは潮はあまり早くありません。
底にはしっかりとアジの反応が出ています。
リョービの方は魚探を持っているわけではありません。
釣りをしながらそのことを話すと、しっかりと山とりをしているとのこと。
漁礁の位置もすべてわかっているとのことでした。
そして、なぜこの場所を選んだのか聞くと、潮順で判断しているとのこと。
釣りながらいろいろ勉強させられました。

しばらくしてその方はハゲを釣りに行くと言って移動していきました。
そこでハゲ肝が師匠に、あの人を「名人」と呼ぼうと提案したところ、師匠は「師匠」がいいということで師匠と呼ぶことにしました。
もちろん本人は知りませんし承諾を得たわけでもありません(^_-)-☆

さて、入れ食い状態が続き100匹くらいは釣ったのでタイラバに移行。
アタリがないまま数時間経過したころ師匠が50㎝くらいをゲット。
その後30分くらい経ったころハゲ肝にも35㎝がヒット。
しかしそのあとはアタリもなく納竿することにしました。

c0090725_7554442.jpg

本日のハゲ肝の釣果です。アジは120匹くらいでした。
[PR]

by hagekimo | 2015-10-20 07:57 | Comments(2)
Commented by MIKI 3 at 2015-10-20 08:13 x
良い釣果ですねアジのたたき食べたいな
鳴門から廻って行くと遠いですね
Commented by hagekimo at 2015-10-20 16:47
MIKI 3さん、こんにちは!
今回は楽しい釣りができました。
大物だけでなく、いろんな釣りを楽しみたいと思います(^^)v
我が家の今夜の食卓はアジの味噌タタキとタイの刺身&煮つけです。
<< アオリを狙って 単騎出陣 >>