ハゲ肝の世界


ハゲ肝の2馬力ボートでの釣行記録や徒然なることがらを不定期に記します
by hagekimo
最新のコメント
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハゲ肝撃沈

待ってました3連休。
今回は前半の23、24日の2日間を南予のHGでの釣行としました。
メンバーはいつもの崎ちゃん。

これまでの経験ではこの場所は水温が20度を切ると何故かタイのアタリが激減します。
インターネットで調べると丁度20度、なんとかなりそうです。

初日、崎ちゃんは7時頃には釣りを開始していますが、ハゲ肝はその頃はまだ高松で愛犬小鉄と散歩してました。

c0090725_6504742.jpg


小鉄の散歩も終わり、いざ崎ちゃんの待つ南予へ出発。
快晴無風の絶好のコンディション。
昼ごろ現地に到着し、出港。
崎ちゃんはいつものポイントで既にハマチ1匹、マトウダイ2匹を釣ってました。
ようし、ハゲ肝も頑張ろう!と竿を出しました。
しかし、なんの音沙汰もありません。

結局、暗くなるまで竿を出しましたがアタリはありませんでした。
途中、崎ちゃんに強烈なアタリがありましたが、150メートルも糸を引き出されプッツン。
崎ちゃんはハリスを6号から8号に変更し、竿も30号から50号にして再度チャレンジ。
すると再び強烈なアタリ、しかしこれもプッツン、何者だー???

車の中で一泊し、翌朝再びつり開始。
まずはエサのアジを釣ります。
こちらは入れ食い状態、すぐに30匹ほど調達できました。
自宅に帰っていた崎ちゃんも合流。
前日の大物を狙って同じポイントへ。

c0090725_7202371.jpg

しかし、アタリがありません。
せっかく30匹も用意したアジが無駄になりそうです。
やはり水温が20度では難しいのかな・・・
午後2時頃、遂にハゲ肝のオキアミ仕掛けにアタリ。
そこそこの締め込みがありましたが途中でハリはずれ、無念!!
その後、1時間ほど粘りましたがアタリがなく納竿としました。

結局、2日間でハゲを数匹という貧果で連休釣りを終了しました。
港に帰ると、同じようにゴムボートで出船していた人から「この近くで氷を売っているところを知りませんか?」と声を掛けられたので釣果を聞くとタイが入れ食いだったとのこと。
ポイントは教えてくれませんでした。
でも、水温20度で釣れる場所があるということ。
まだまだ開拓が必要です。
[PR]

by hagekimo | 2007-11-25 07:28 | Comments(1)
Commented by ポーター☆ヒロ at 2007-11-27 07:49 x
崎ちゃんの150mも糸を出され、プッツン!何でしょうね~?


鯛が入れ食い? 何処だ~~~~。でもまだ釣れていますね。何時まで連れ続くのか。もう今年は無理かな~でも行きたい。
<< 江戸の仇は長崎で? 釣果報告(11/10) >>