ハゲ肝の世界


ハゲ肝の2馬力ボートでの釣行記録や徒然なることがらを不定期に記します
by hagekimo
最新のコメント
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


北海道旅行

今週は釣りはお休み

実はハゲ肝は北海道に行ってました(^_^)v
2泊3日、39,800円の激安ツアーです。
旭山動物園、美瑛、富良野、小樽を巡る旅。

一応はそれぞれの観光地を体験する事ができました。
でも、殆んどが移動に要する時間でした。
1日目:高松~関空~新千歳空港~札幌通過~定山渓温泉(19時30分着)
2日目:定山渓温泉~旭山動物園~美瑛~富良野~札幌通過~千歳通過~登別温泉(19時40分着)
3日目:登別温泉~千歳通過~札幌通過~小樽~札幌通過~新千歳空港~羽田空港乗継~伊丹空港~高松

ホテルの関係だろうけど千歳~札幌の間を4回も通過しました。
そのためホテル到着が遅く、ゆっくり夕食をとることもできませんでした(^_^;)
しかも、いずれのホテルも洞爺湖サミットに備え全国から来た警察官で一杯。
ま、39,800だから文句は言えません。

さて、旭山動物園ですが、平日ということもありすいていました。

c0090725_8515453.jpg

とはいえ人気の動物園だけに画像のような状況です。
週末ともなるとどこへ行っても行列だそうです。
感想?そうですね、展示されていた動物はありふれていますが、見る側に配慮した点はおおいに評価できると思います。

美瑛は車窓から眺めただけですが、これはハゲ肝にとって感激でした。
パッチワークの丘と呼ばれているそうですが、ほんと大地のパッチワークですね。
なんといっても広大さに圧倒されてしまいます。

c0090725_925840.jpg


そして富良野、フラワーパークに行きましたが、まだ少し早すぎたようです。
ラベンダーは7月中旬くらいが見ごろのようです。

なお、今回の旅行は釣友のSちゃんも一緒でしたアハハ
画像は富良野フラワーパークでのSちゃんです。
自分のカメラで自分を写せないので、画像はいつも同行者になってしまいます。

c0090725_912698.jpg
[PR]

by hagekimo | 2008-06-21 09:12 | Comments(3)

またまた宇和島

今回はヒロさん、K保ちゃんが参加しての宇和島です。
別の用で参加できない崎ちゃんを尻目にルンルンで行ってきました(^_-)-☆

午前2時、自宅を出発し坂出ICでK保ちゃんと、内子PAでヒロさんと合流し宇和島へは6時半頃到着。
絶好の日和で、既に数隻が出港準備をしてました。

まず最初は例によってエサ用のアジを釣りますが、この日もやはりミニサイズばかり。
それでも、K保ちゃんは楽しそうに釣ってました。

1時間ほどアジを釣り、いよいよ本命の鯛ポイントへ
しかしこの日は潮が動きません(結局終日動かないままでした)。
若潮だからかな?

そんな中、最初に釣ったのはヒロさん。

c0090725_8143317.jpg

遠路来た甲斐があります。

しかし、潮のせいかアタリが続きません。
ヒロさんが2匹の鯛(50、46㎝)を釣りましたが、この段階でこちらのボートには何の音沙汰もありません。
するとヒロさんに強烈なアタリが・・・
しかし、8号ハリスでは太刀打ちできずブレイク。
前回のハゲ肝と同じ(^_^;)

こちらはアタリもなく、K保ちゃんがイビキをかきはじめました。
そのとき、K保ちゃんの竿先が海中に引き込まれ糸が引き出されました。
あわててK保ちゃんが対峙するも強烈な引きに完敗、あえなくラインブレイク。
はじめてのアタリだったのに・・・(T_T)
K保ちゃんも8号でした。
ちなみにハゲ肝は10号で臨んでいました。

もうこれで終わりかな?と思いかけているとまたヒロさんに強烈なアタリ。
見ていると竿が折れそうでリールも僅かずつしか巻けてません。
しばらくやり取りし中層まで上げたところで再び竿が伸びました(T_T)
「ヒロさーん!何号?」
「8号のまま」
「あれだけ8号では無理って言ってるのに・・・」
「10号に換えるワ」

c0090725_8464230.jpg


むこう(ヒロさんのこと)はいいなあ、アタリがあって・・・
こちらにはさっきのK保ちゃんのアタリのみ。
今日はダメだなと思っていると遂にハゲ肝にアタリ。
待ってましたとばかりリールを巻きますがあまり強い引きではありません。
上がってきたのは何とチヌ49㎝。
ここでチヌを釣ったのははじめて。
その後、再びハゲ肝にアタリがあり今度はかなり強烈な引きです。
10号にものをいわせて強引に巻きますが強めに締めてあるドラグから糸が引き出されます。
しばらくやりとりの末上がってきたのは70cmのコショウダイ。
犯人はこいつか・・・?
真実は分かりません。

c0090725_847117.jpg
[PR]

by hagekimo | 2008-06-15 08:47 | Comments(2)

宇和島遠征

今シーズン初の宇和島です。
天気予報が微妙だったので、目覚めてから決めようと床に就きました。
しかしなぜか3時に目覚めてしまいました。
この段階で高松は曇り、アメダスで見ると九州四国あたりはあまり降ってません。
よしっ行こう!!

3時30分自宅を出発。
ところが、川内インターを過ぎた頃から雨が降り出しました。
結局、宇和島に着いてもまだ降ってましたが雨合羽を着て出港。

最初はエサ用にアジを狙いましたが豆アジばかりで小さすぎてとてもエサには使えません。
アジを諦めいつもの真鯛ポイントへ。

c0090725_946977.jpg

雨もあがり、画像のとおり海はベタ凪ぎ、期待を込めて第一投。
ここからはいつものパターン(アタリなし)なので省略。

天気も良くなり他の船も出てきました。
昼近くになり待ちに待ったアタリが・・・
上がってきたのは期待はずれの小ダイ。
ま、でもボーズは免れました。
しかしその後アタリがないので近くに移動、ここでも小ダイを追加。
仕掛けを入れたまま釣った魚を締めているとボートが傾くほどのアタリ。
待ってましたとばかり竿を取りましたが痛恨のバラシ。
8号ラインが切られました。
気を取り直して再度投入もその後は沈黙。

再び元のポイントに戻り投入。
潮が先とは反対に流れています。
すると、コツコツグーンというアタリ。
今度こそは!と慎重に釣り上げたのは60cm前後の真鯛。
天然だけあって色といい形といい惚れ惚れします。
せっかく宇和島まで来たんだからと4時半ころまで粘りました。

結局、画像のとおり60cm前後を2枚と30㎝くらいが4枚でした。
ほかに得体の知れないバラシが2回でした。
3ミリのクッションに8号なんだけど、いずれもラインブレイク、ザンネン。

c0090725_1094147.jpg

[PR]

by hagekimo | 2008-06-01 10:09 | Comments(7)