ハゲ肝の世界


ハゲ肝の2馬力ボートでの釣行記録や徒然なることがらを不定期に記します
by hagekimo
最新のコメント
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


坊主くたびれ儲け

12/24(火)
数日前、T師匠からお誘いがありクリスマスイヴのこの日に釣行することになりました(^.^)
本来、水曜日が休みの師匠ですが、金儲けに飽きたのかこのところ臨時休業が多いような気がします(^_-)-☆
ところで、この最近の目的地付近の情報は水温低下でまったく良くありません。
ひょっとするとエサ用のアジも釣れないかも・・・

期待薄の中、現地に6時30分集合。

c0090725_8192945.jpg



無風、ベタ凪ぎです\(◎o◎)/!
出船準備に先立ち、師匠から師匠考案のヤエン(某社で特許申請中)をいただきました(^_^)v
実はこの師匠、発想が奇抜でこれまでにも某社で特許取得しており、また、特許申請に至らなくても師匠考案の仕掛けや道具類をさまざま採用してます。
ハゲ肝が師匠に特許料のいくばくかを貰わないとと言うと、釣竿や釣り針を貰っているからそれでいいとおっしゃる、本当に欲の無い気のいい人です。
そのヤエン仕掛けは時期を見て当ブログでアップします。

そして出港。
以前、地元の方から教えてもらったアジポイントへ。
師匠はこのポイントは初めてなので早速GPS魚探に登録してました(^_^)
底から中層にかけてアジらしきものが映ってますがポツリポツリしか釣れません。
このところの低水温で喰い気が立たないようです(水温14.2度)

c0090725_8404982.jpg



無風状態が続き絶好のコンディションなんですが・・・
結局、2時間くらいかけてそれぞれ20匹くらい確保してアオリ狙いへ。

陸寄りのポイントも水温は同じ。
とても釣れるような気がしません(ある情報ではアオリは14℃以下では死んでしまうらしい)
案の定まったくアタリはありません。
アタリがなければ師匠のヤエンもその威力を発揮できません。
なんとか1回でも・・と思いますが一向に反応はありません。
場所を変えても一緒でした。

c0090725_8513824.jpg


そこで、アオリは諦め別のアジポイントに行くことにしました。
最初のポイントは水深15m前後で釣れたのは青アジばかりだったので、深場に期待。
そこは水深30mほど。
サビキを投入すると早速アタリ。
でも、上がってきたのはやはり青アジでした。

この日は一日中無風ベタ凪ぎの好コンディション。
どの画像からも分かると思います。
でも、お魚さんには好コンディションではなかったようです。
早く水温が回復してくれないと・・・

坊主丸儲けならぬボーズでくたびれ儲けの一日でした。
[PR]

by hagekimo | 2013-12-25 08:56 | Comments(0)

柳の下に・・・

12/8(日)
前回アオリの大漁をしたAを再度攻めてきました。
メンバーはいつものI倉さん。

I倉さんにとって、前回の大漁の日に行けてないのでこの日に賭けています(^_^)
現地に着くと北東風が吹いていました(この場所は西風にはめっぽう強いのですが東風はあまりよくありません)。
エサのアジを釣る場所が沖の水深30mのところなので、多少の波とアンカリングに苦労するだろうなと思っていたところ、地元の方からアジなら釣れる場所があるとポイントを教えてくれました。
そこは水深が15mほどでアンカリングも楽でした。
なるほどアジはたくさんいます。
すぐにエサのアジは調達できましたが、アジ釣りが楽しくなり、つい長居をしてしまいアオリ釣りのスタートは9時過ぎになってしまいました(^^ゞ
そのポイントでアジを釣るI倉さん。

c0090725_9134857.jpg




ただ、アジポイントを教えてくれた人が言うには水温低下でアオリは釣れてないとのこと。
この日の水温は16.2℃でした。
とりあえず、岸寄りで釣ることに。

c0090725_9153326.jpg



I倉さんのアオリ釣り風景

ハゲ肝は釣りはじめてすぐに20㎝くらいをゲット。
I倉さんも続きます。
しかしその後ハゲ肝にミニアオリが来ただけ(リリース)でアタリがないのでポイント移動。
そこにはボートが6隻ほどいましたが、あまり釣れている様子はありません。
もちろんハゲ肝にも釣れません。

少し風と波が治まった14時30頃前回大漁したポイントヘ移動。
このポイントは水温が16.4℃くらいで僅かに高くかすかに期待できます。
I倉さんもやってきました。
そのI倉さんにヒットするも根に持ち込まれアウト。
その後ハゲ肝にもアタリがありゲット。
散発的ではありますが退屈しない程度にアタリがあり、ここで5ハイを追加して16時過ぎ納竿。
前回と違いアタリも少なく型も小さかったです。
ちなみにハゲ肝は6パイで2.2㎏、I倉さんは4ハイで4.8kgでした。
I倉さんは最初のポイントの3バイがほどほどの型だったようです。

c0090725_934073.jpg


ハゲ肝の釣果
[PR]

by hagekimo | 2013-12-09 09:34 | Comments(0)

直丸にて

12/2(月)
この日はかねてよりお誘いを受けていたmina1091さんの船での釣り。
船名は直丸

c0090725_833541.jpg



場所は四万十市(旧中村市)です。
メンバーは直丸船長(mina1091さん)、アシスタントとして船長のいとこのM利さん、ハゲ肝の3名。
前日に電話で
「何が釣れるの?、道具は?仕掛けは?」と尋ねるも電動リールとそれ用の竿、タイラバ用の道具、エギング用の道具との答え。
ハゲ肝には焦点が定まらないままとりあえずその道具を持参しました。
自宅を3時に出て四万十市には6時半頃到着、高速道が伸びたおかげで随分楽になりました。

直丸を直接見るのは初めてだったのですが、漁船そのもの(ちなみに船長は職場の元同僚で、早期退職をして現在は〇〇士事務所を経営、漁師ではありません)。

8時過ぎに出港し沖のポイントヘ(港から20分くらいか)
先ずは道楽仕掛けでネイリやヒラメを狙います。
しかし道楽仕掛けの前提であるアジがかかりません(ーー;)
どうしてかなあ・・・ 船長が不思議がります。

すると、少し離れたところでナブラらしきものが見えました。
いそいでその方向へ向かっていくと・・・

c0090725_8584038.jpg



ナブラと思ったのは実はこれでした!(◎o◎)!
なんと40~50頭のイルカの群れ、船を近づけると船と一緒に泳ぎます。
しばらくイルカウォッチングを楽しみました(^_^)v

船長曰く「魚がいないはずや、これだけイルカがいたら・・・」

ということで、ポイント移動。
20~30分船を走らせました(ハゲ肝丸と違って相当離れた場所)
魚探にアジらしき反応があり道楽仕掛けを投入。
中層でアジを掛けてそのまま底付近に落とし込みます。
しばらくするとアジが暴れているような反応があり、ヒラメだと早合わせ禁物なので待っていると、竿先が大きく引き込まれました。
合わせを入れて巻き上げますが、ドラグが滑ります。
大物であることは間違いなさそうです。

そして上がってきたのは

c0090725_915647.jpg



76cmのメジロでした\(◎o◎)/!
しかしこの日、このポイントは潮が動かず苦戦、ハゲ肝は20㎝ほどのアオリを追加したのみ。
船長はタイラバでイラを釣っただけ、M利さんがジギングで50㎝ほどのハタと何か(魚名を忘れました、おいしい魚だと言ってました)を釣った程度。
ポイントを変えるもパッとせず、最初のポイントヘ。
今度は道楽仕掛けにすぐアタリ、でもエサになるようなアジのアタリではなく強い引きです。
上げてみると30㎝くらいのアジでした。
このアジを数匹釣ったところで群れがいなくなり終了としました。

mina1091さん、お世話になりましたm(__)m
[PR]

by hagekimo | 2013-12-03 09:33 | Comments(2)

大漁でリベンジ

11/30(土)
徳島県南ではここ数日、よく釣れているらしい。
その上、天気予報を見ていると、こんないい条件なのに行かないのか?と言っているようだったので急きょ出陣することに。
数人に声をかけるも仕事で行けないとのこと、結果単騎出陣となりました。

エサのアジは現地調達のため釣り具屋さんでは赤アミと氷のみ調達、しめて200円。
午前6時過ぎに現地到着

c0090725_8144065.jpg


辺りはまだ暗く東の空が明るくなりかけたころでした。
画像では中央右上に下弦の月が見えます。
エアーポンプの音が大きいので、付近に迷惑をかけないようまず荷物を先に下ろし(普段なら同時進行)明るくなった7時前にエアーの充填。

まずはエサのアジを狙って沖のポイントヘ。
水深30m、底付近に反応があります。
エサを入れずにそのままサビキを落とすとさっそくアタリ。
丁度良いサイズのアジが釣れました。
せっかく赤アミを買ってきているのでエサを入れて落とすと2連3連と釣れます。
10分ほどで20匹余りを調達、そしてアオリポイントヘ。

ここは水深7mほど。
まず第一投。
アジの背中に針を刺し、ポチャンと20mくらい先に仕掛けを投入。
ンッ!
現地調達のアジが元気過ぎてウキが浮いてきません。
と思っていたらいきなりリールがジーと鳴りはじめました(^_^)v
上がってきたのは800gくらいのアオリでした。

c0090725_8382817.jpg



アジを付け替え投入し、2本目の竿の準備しているとまたまたジーが始まりました。
2本目を投入し、アタリのあった1本目を手に取りエイヤーとばかりに合わせるとギュー、ギューと心地よい引きが・・・ 乗りました(^.^)
このアオリを引き寄せているとき2本目がジー、ジー。
これはどうなってるの?
幸先良く最初の3投で3バイ、この分だと100回投げたら100パイ?\(◎o◎)/!

世の中そう甘くはありません(^_-)-☆
その後アタリも止みポイント移動。
するとまたアタリがあり2ハイ追加、そして移動・追加を繰り返し14:30の時点で13バイ。
エサのアジがなくなったので納竿をしようとも思ったのですが、こんな日はめったにないこと。
再びアジのポイントへ行きアジを10匹くらい釣ってアオリポイントヘ。
結局、4ハイ追加してトータル17ハイで終了。
時間があればもっと釣れていたと思います。

c0090725_931032.jpg


ちなみに最長寸は29㎝でした。
[PR]

by hagekimo | 2013-12-01 09:01 | Comments(4)