ハゲ肝の世界


ハゲ肝の2馬力ボートでの釣行記録や徒然なることがらを不定期に記します
by hagekimo
最新のコメント
野猿さん、こんにちは(^..
by hagekimo at 14:27
昨日は低水温の中での釣行..
by 野猿 at 12:12
シロさん、おはようござい..
by hagekimo at 10:15
 寒い中、お疲れさまでし..
by シロ3号 at 08:52
つよしさん、お疲れさまで..
by hagekimo at 20:30
なんと! やっぱり相当厳..
by つよし at 13:06
野猿さん! お久しぶりで..
by hagekimo at 15:40
MIKI 3さん、こんに..
by hagekimo at 15:31
ハゲ肝さんお久どぇーす!..
by 野猿 at 12:27
14度は少し水温が低すぎ..
by MIKI 3 at 17:29
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


柳の下の・・・

3/27(木)
前回、ヒラメが釣れたAに再度出撃してきました。
メンバーは前回と同じT師匠、I倉さん、ハゲ肝。
いろいろいきさつがあって木曜日の出撃となりました(^.^)

この日の天気予報は風が1m~2m、波が2.5m→2mとのこと、波も次第に小さくなるし風が吹かなければ大丈夫ということで決行。

c0090725_166041.jpg


港を出るとややうねりがあるものの問題はありません。
今回は沖のポイントヘハゲ肝、浅場のポイントヘ師匠とI倉さん、と2ヶ所に分かれてスタート。
釣れる方へ合流するという計算(^.^)

沖のポイントでは魚探の反応がよくありません。
僅かに反応のある場所で仕掛けを入れるも釣れません。
なお、この日の海水温は14℃前後、3/22頃から水温が低下しているそうです。
結局、沖のポイントでは青アジが1匹だけ。
師匠に電話を入れてみると、アジはなんとか釣れているとのこと、さっそくそちらに向かいます。

ところが、それまで無風状態だったのにハゲ肝が浅場のポイントヘ向かっている途中から風が吹き出しました。
二人と合流し、「風を連れてきてごめんね、釣れてる?」
師匠から、I倉さんが大きなヒラメを釣り上げたのにタモ入れに失敗して逃がしてしまったとのこと。
もったいない、特にI倉さんは前回ヒラメが釣れてないだけに・・・

風は天気予報を裏切り5~6mは吹いていそうです。
師匠はアンカーがはずれてしまいかけなおすのに一苦労。

c0090725_16285085.jpg


画像はアンカーが外れてI倉艇のそばまで流れて行った師匠艇。

さて、こちらでは青アジがメインで赤アジがぽつりぽつり混じって釣れます。
そんな中、ハゲ肝に強烈なアタリがありました。
ヒラメです、61cmでした。
ハゲ肝は自作のサビキで釣りました。

このあともう一本ヒラメ仕掛けを投入。
この仕掛けには最初からアジをつけてあります。
しばらくするとアジ釣りのサビキに再び強烈なアタリがありました。
しかし中層くらいまで上げたところで痛恨のバラシ。
見ると針がのびていました。

このあと師匠のヒラメ仕掛けにもヒットしましたが、これもバラシ。
そしてハゲ肝のヒラメ仕掛けにもヒット。
強烈な引きです、糸がどんどん出ていきます。
そして竿先が跳ね上がりました(T_T)/~~~
残念!!!

ヒラメ仕掛けは引き続き投入したまま、ガシラを狙うことにしました。
これまでこの場所でガシラを狙ってもイソベラばかりだったため、今回は師匠直伝の釣法。
するとさっそく小気味のいいアタリ、良型のガシラです\(◎o◎)/!
しばらくは釣れていましたがそのうちにアタリも途絶えました。

結局、風は止むことはなくずっと吹いてました。
天気予報に裏切られました。

ところでこの日は珍しいことが起きました。
I倉艇のアンカーが外れ、よく見るとアンカーロープが切れてました。
そしてハゲ肝丸に繋いで2艇で釣っているとハゲ肝丸もアンカーロープが切れました。
ステンアンカー2本ロストです。
切り口の状況をみると岩で擦り切れたようです。
風が強いためアンカーロープを長めに出していたことから、あっちこっち振られているうちに擦り切れたようです。
過去にアンカーがどうしても外れずロープを切ってロストしたことはありますが・・・
しかも2艇が・・・

c0090725_16543572.jpg



この日のハゲ肝の釣果です。
ガシラは残念ながら尺には1㎝足りず29㎝でした。
[PR]

by hagekimo | 2014-03-28 16:56 | Comments(4)

3/19の画像

久しぶり釣行のI倉さん

c0090725_2142134.jpg



大きなヒラメを釣り上機嫌の師匠


c0090725_2143485.jpg



そしてハゲ肝のヒラメです。
なお、このほかにアジも数十匹釣ってます。

c0090725_21442910.jpg

[PR]

by hagekimo | 2014-03-20 21:44 | Comments(0)

久しぶりにI倉さんも加わり・・・

3/19(水)
今回はI倉さんも加わりメンバーはT師匠、I倉さん、ハゲ肝の3名。
天気予報では9時頃までは前日からの波が残っているものの次第におさまるらしい。
風は朝のうちは穏やかで昼ころに強まりその後おさまるとのこと。

そんなわけで、いつもより遅めの集合としました(でも、ハゲ肝が集合場所に20分前に着くと既に2人も到着してました)。
いつもは夜明け前に現地に着く感じですがこの日は完全に夜が明けてました。

風は予報どおり無風に近い状態、波は多少あるようですが大丈夫。
まずは沖のポイントヘ。
しかし魚探の反応はイマイチ。
とりあえずアジ釣り仕掛けを投入するも、アタリが少なく、釣れ上がるのも青アジばかり。
その青アジで大物を狙うも反応なし。

二人を残しハゲ肝は浅場のポイントへ移動。
しかしこのポイントでも魚探の反応はよくありません。
範囲を広げて魚探とにらめっこ。
すると、大きな群れを発見\(◎o◎)/!
とりあえずサビキ仕掛けを入れると赤アジが5匹かかってきました。
すぐさま二人に連絡。
二人とカモメがやったきました。
実はこのカモメ、港を出る時点からずっとついてきています(^.^)

3人でのアジ釣りとなりました。
赤アジに混じって釣れる青アジをエサにした仕掛けも投入しています。

しばらくして師匠のサビキ仕掛けに大物がヒットするもラインブレイク。
師匠の仕掛けはハリスが3号だったそうですが・・・
その後は青アジが多くなり沈黙が続きます(カモメは青アジをもらって喜んでいますが・・・)

そして再び師匠に強烈なアタリ。
アジ釣り用の細い竿が満月になっています。
〇まかつの竿を信じ、耐えて上がってきたのはヒラメでした。
青アジばかりが釣れるようになり、アタリがあってもしばらく上げずにいたそうです。
このヒラメは66cmありました。
俄然やる気がでてきたものの、そもそもヒラメがそんなにたくさん居るわけはありません。
再び沈黙の時間が・・・

15時近くなり納竿も考え始めたそのときハゲ肝のサビキ仕掛けに強烈なアタリが・・・。
ハゲ肝は幹糸6号、枝糸4号、チヌ鈎2号の自作サビキ。
安心して・・・と思ったら
そうだ、道糸は2.5号のままなのに気付きました(^^ゞ
おそるおそるやりとりしてやっと上がってきたのは64cmのヒラメ\(◎o◎)/!
バンザーイ!!!

さて、本日は3名での釣行です。
せめてあと1匹と粘るもその後はノーヒット。
16:30に納竿としました。

今回もPCの操作未熟で画像が貼れません。
もう少し頑張ってみますがとりあえず文章だけ投稿しますm(__)m
[PR]

by hagekimo | 2014-03-20 09:50 | Comments(5)

またまたT師匠と

3/4(火)
Aに行ってきました。
3/5に行く予定だったのですが、天気予報が悪く今週はダメだと思っていましたが、本来水曜日が休みのT師匠が今週は火曜日も休みとのこと(釣りに行きたいがために敢えてそうしたのかも・・・(^_-)-☆ )
いずれにせよハゲ肝も今は自由業、それじゃ火曜日にしよう! と即決定。
風予報は文句なしだったのですが波予報は2m→2.5m、昼まででも釣れたらいいね と言って出かけました。

c0090725_965279.jpg


この画像は沖のポイントでの師匠です。
結局、納竿(15:30)までこのような状態でした。
ところで、画像には師匠にエサをねだるカモメが映っています。
ハゲ肝の周りにも居ました。
2人はカモメに太郎、次郎、花子と名前を付け(といっても見分けはつきませんが・・・)、外道や青アジが釣れると、「太郎!行くぞ、それっ!!」と投げるとすぐさまパクリ \(◎o◎)/
ところが、このカモメたちがもたもたしているといきなり上空からトンビがバッシャーンと飛び込んで横取りします。
次に行ったときにはトンビにも名前を付けよう・・ ゴン太くらいがいいかな?

この日は水温が16℃あまりでしたが、アオリは狙わずアジを釣りながらヒラメを狙ったり石鯛を狙ったりしましたがヒラメはノーヒット、石鯛や真鯛は20㎝くらいのが何匹か釣れましたがすべてリリース。
3種類の仕掛けを投入しての釣りだったのですが、手が2本しかないハゲ肝は千手観音を羨ましく思いながらの釣りでした(^_-)-☆

c0090725_9301836.jpg


集中できない中でのハゲ肝の釣果です。
ちなみに師匠は200匹は釣っていると思います、どうするんだろう・・・?
[PR]

by hagekimo | 2014-03-05 09:32 | Comments(6)