ハゲ肝の世界


ハゲ肝の2馬力ボートでの釣行記録や徒然なることがらを不定期に記します
by hagekimo
最新のコメント
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


リベンジなるか

7/28(月)

またまた行ってきました。
前回はI倉デー、前々回はT師匠デーだったので今回はハゲ肝デーとしたいものです。

メンバーはやはりこの3人。
午前5時現地に到着、漁港の活動が始まるのを待って5:20から準備を始めました。
この日の朝は気温が24℃なので暑くはありません。
6時過ぎに出船です。
天気予報は曇り→晴れ→曇り、風は1m→2m→2m、波は1.5mでした。

ポイント付近に到着すると漁師の船が4隻。
聞くとカゴ仕掛けでイサキとタイを釣っているそうです。
ハゲ肝たちも少し離れた場所で釣り開始。
しかし一向にアタリがありません。
10時ころまでにハゲ肝はシロサバフグが2匹のみ。
リベンジなどは遥か彼方に・・・
この段階でI倉さんと師匠はオオモンハタを1匹ずつ。

風が出てきたのでそのまま流し続けているとゴンとアタリがありました(^_^)v
上がってきたのは

c0090725_122565.jpg


63㎝のタイでした。
さらに流していると再びゴン。
やや小ぶりの37cmでした。
師匠は相変わらず1匹のままなのでこちらに来るよう連絡。
師匠も小ぶりのタイをゲット。

同じ場所を流したいのですが、風の向きが変わり同じように流せません。
それでも辛抱強く流し続けました。
その結果、この日は37~63㎝のタイを4匹仕留めることができました。
バラシ1回、ラインブレイク1回、シロサバフグが4匹。
まずまずリベンジできたかな?
師匠はタイ1匹、オオモンハタ1匹、シロサバフグ2匹。
I倉さんはタイ3匹、オオモンハタ3匹でした。

c0090725_1241072.jpg


画像はハゲ肝のタイの釣果
[PR]

by hagekimo | 2014-07-29 12:03 | Comments(4)

職域団体釣り部で

7/26(土)

夏真っ盛りのこの日職域団体の釣り大会がありました。
場所は高松沖での船釣り。
狙う魚は
ベラ
なんと香川県では高級魚。
スーパーではキスよりも高い値が付いてます。
とはいっても、ハゲ肝は県外出身なのでベラは苦手です。

そんなわけでタイラバの仕掛けも準備しました。
今回は総勢5人での大会となりました。
船は瀬戸内漁港を出て屋島沖へ。
水深は推定10mの辺りを流します。
もちろん、この浅さではタイラバは無理。
ベラ釣りに専念します。
香川で特に珍重されている青ベラを中心にアタリがあります。
他の皆さんも楽しそうに釣り上げています。

この船にはシートで屋根をかけているので日陰で釣ることができるので思ったほど暑くはありません。
海風が心地よいほどです。

この遊漁船ですが、各自が米を2合持参します。
船頭さんが船上でご飯とみそ汁を炊いてくれます(^O^)
みそ汁の中には船頭さんが釣りあげたベラも入っています。
そしてみんなでワイワイガヤガヤ昼食。
ベラの苦手なハゲ肝も、ここでは美味しく食べられました。

c0090725_8383834.jpg


今回の釣り大会に参加された皆さんです。

結局この日は水深が浅い所ばかりだったのでタイラバの出番はなし。
ハゲ肝が釣ったベラはすべて差し上げました。
それにしても香川でのベラ恐るべし!!
[PR]

by hagekimo | 2014-07-29 08:42 | Comments(0)

イレさんも参加して

7/20(日)
エキサイトブログの不具合で投稿が遅くなりました
今回はいつものT師匠、I倉さんのほかにイレさんも加わり4艇での出撃となりました。
場所はいつものA漁港、狙いはタイ&オオモンハタ。

現地に5時前に到着、出船準備は5時20分ころから。
快晴無風の好コンディションです。
ただし暑いですが・・・(@_@;)

全艇出船準備が整い6時前に出港しました。
2馬力の3人をしり目に高馬力のイレさんは颯爽とポイントへ向かいました。
遅れること約20分、3艇もポイント付近に到着し思い思いに釣り開始。
しかしこの日はほとんど潮が動いていません。
GPSも同じ場所を表示したまま(>_<)
苦戦を強いられました。

当初、イレさんはノマセ釣り(活きアジを泳がせてハマチやヒラメ狙い)をしてましたがアタリがなく、我々と同じタイラバに変更。

c0090725_6202477.jpg


画像はイレ丸です。

あまりのアタリのなさに4艇はあちらこちらに分散。
釣り開始から2時間くらい経過し僅かに潮が動き出したときやっとアタリがありました。
取り込んだのは40㎝のホウボウ。
狙いの魚ではなかったですが、とりあえずボーズ回避(#^.^#)
その後はアタリがあっても針に乗らなかったり、乗ったとしてもシロサバフグだったり。

おなかが空いたので釣りをしながら、持参のソバを食べているときリールから糸が引き出されました。
来たっ!!
慎重にやりとりして上がってきたのは、狙いのオオモンハタ(^_^)v
よしよしこれから・・・
と思っていると、遠くで雷鳴が聞こえてきました。
よく見ると遠くの山並みがかすんでいます。
釣り場は日が差していましたが、突風が吹きだしたら大変と撤収することにしました。
結果的にはにわか雨も突風もありませんでしたが、安全第一をモットーのハゲ肝たちは納得の納竿(14:00)でした。

c0090725_6204037.jpg


画像はイレさんのブログから拝借したハゲ肝丸です


この日の釣果は
ハゲ肝はオオモンハタ48cm、ホウボウ40㎝、ガシラ23㎝、シロサバフグ4匹 
I倉さんはタイ25~60㎝5匹、シロサバフグ1匹
T師匠はオオモンハタ40㎝、シロサバフグ7匹
でした。
イレさん? 未確認としておきましょう・・・

c0090725_6211063.jpg


ハゲ肝の釣果画像
[PR]

by hagekimo | 2014-07-23 06:22 | Comments(5)

釣行報告

7/1(火)
今回もタイラバです。
メンバーはT師匠、I倉さん、ハゲ肝の3人。
実は師匠は2日釣りです。
昨夜は車の中で寝たそうです。
それにしてもこの季節に2日釣りとは・・・ 
ハゲ肝には真似はできません。
現地には5時に集合しました。
今回はハゲ肝もタイラバ一本で勝負します(愛猫てまり用のアジは冷凍庫にたっぷりあるため)
出港は6時となりました。
めざすポイントまで約30分。
ポイントに到着し、3人が思い思いに流します。
最初にヒットしたのはI倉さん。
かなり大物のオオモンハタが釣れました。
60㎝近くのりっぱなヤツ。
そのあともI倉さんにオオモンハタが・・・これもりっぱなヤツ。
それまでは師匠とハゲ肝はシロサバフグを釣っただけ。
手を変え品を変えしてやっとタイがきました。
I倉さんはその後もタイやホウボウなどを追加しています。
師匠とハゲ肝は指をくわえて見ているだけ・・・

c0090725_942450.jpg

画像は師匠艇とI倉艇

この日はI倉さんの巻き上げスピードが合っていたんだと思われます。
その後、ハゲ肝はタイを1匹追加しただけ、師匠もタイを2匹でした。
ところでこの日、師匠とハゲ肝にはシロサバフグがたくさん釣れましたが、I倉さんは1匹のみ。
師匠とハゲ肝はタイラバを10個近くボロボロにされましたが、I倉さんは被害も少なかったようです。
何が原因なんだろう・・・?

結局終わってみればI倉さんはタイ4匹、オオモンハタ4匹、ホウボウ1匹、シロサバフグ1匹と大漁、師匠はタイ2匹にシロサバフグ20匹、ハゲ肝はタイ2匹シロサバフグ7匹でした。

c0090725_935810.jpg

画像はハゲ肝が釣ったタイ(57㎝、53㎝)とI倉さんからいただいたオオモンハタです。
[PR]

by hagekimo | 2014-07-02 09:05 | Comments(2)