ハゲ肝の世界


ハゲ肝の2馬力ボートでの釣行記録や徒然なることがらを不定期に記します
by hagekimo
最新のコメント
野猿さん、こんにちは(^..
by hagekimo at 14:27
昨日は低水温の中での釣行..
by 野猿 at 12:12
シロさん、おはようござい..
by hagekimo at 10:15
 寒い中、お疲れさまでし..
by シロ3号 at 08:52
つよしさん、お疲れさまで..
by hagekimo at 20:30
なんと! やっぱり相当厳..
by つよし at 13:06
野猿さん! お久しぶりで..
by hagekimo at 15:40
MIKI 3さん、こんに..
by hagekimo at 15:31
ハゲ肝さんお久どぇーす!..
by 野猿 at 12:27
14度は少し水温が低すぎ..
by MIKI 3 at 17:29
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


Aにて

9/15(祝)
またまたAです(^_^)
メンバーはT師匠のみのはずでしたが・・・

現地に到着して海を見ながら話していると見慣れた車がやってきました。
シロさんです。
ということで3人で出漁することになりました。
とは言っても、師匠はタイラバ一本、ハゲ肝は愛猫てまり用のアジを釣ってからタイラバ、シロさんはアジを釣った後アオリ、そのあとタイラバに移行するそうです←ヨクバリ! (^_-)-☆

c0090725_14293243.jpg

画像は出船しようとしているシロさん。
ハゲ肝たちもまもなく出船しました。

ハゲ肝の最初のポイントではアタリなし、沖のポイントヘ移動。
こちらは青アジが釣れたのでシロさんに連絡。
シロさんの最初のポイントもアジは釣れなかったようです。
2隻ならんでアジを釣りますが、釣れるアジは青アジばかりでアオリのエサには大き過ぎるようです。
しばらくすると群れが変わったのか小さめの赤アジばかりになりました。
てまりのアジも十分調達でき、シロさんのアオリ用のアジも確保できたのでハゲ肝はタイラバへ、シロさんはアオリへ向かいました。

c0090725_14544952.jpg

画像はアジです。
なお、この段階で師匠はオオモンハタが1匹でした。

この日は潮がまったく動かず、風も微風なのでボートはほとんど動きません。
GPSも同じ位置をキープしたまま(ーー;)

それでもひたすら上げ下ろしを繰り返しているとゴンッ!!と待望のアタリ。

c0090725_144638.jpg

52cmのマダイでした。
師匠もオオモンハタを追加したもよう。

その後は例によってシロサバフグがポツリポツリ釣れていました。

師匠もやってきました。
そんな中、シロサバフグとは違うアタリが・・・
上がってきたのはシオ(カンパチの幼魚)


15:30ころ納竿としました。
釣果は
ハゲ肝 : タイ 1、 シオ 2 、シロサバフグ 6、アジ 多数、ラインブレイク1
師匠  : オオモンハタ 2、シロサバフグ数匹、ラインブレイク1
シロさん: アジのみ

この日は終日微風波なしの絶好の日和。
でも潮は潮が終日動きませんでした。。
[PR]

by hagekimo | 2014-09-16 15:03 | Comments(0)

およそ一年ぶりに

9/13(土)
瀬戸内でのタイラバです。
場所はS漁港、およそ一年ぶりです。
いつものAはヤフー天気の波予測では少し波がありそうなので瀬戸内にしました。
メンバーはT師匠のほか野猿さん、そして最近ボートを購入した栄丸さんとハゲ肝の4名。

S漁港での情報はまったくありませんが、去年の今頃は釣れていたとの記憶を頼りにやってきました。
ハゲ肝はタイラバだけでは退屈すると思い、例によって赤アミと石ゴカイも持参しました(^_^)v

まず最初はアジ釣りです。
港を出てすぐ近くにポイントがあります。
ところが、ポイントに着くと潮が勢いよく流れていました。
そのうえ風向きが逆なため波が立っています。

c0090725_8203057.jpg

画像のボートは野猿さんと栄丸さん。
野猿さんのボートはこれまで師匠が使っていたので見覚えがあります。

一応アンカリングしてサビキ仕掛けを落としますがすぐに流されてダメでした。
潮上に放り込むなどしてなんとか頑張るものの、たまに釣れるのはミニイサキばかり。
魚探に出ている反応はミニイサキの群れだったようです。

次はキス狙い。
実はこの場所ではこれまでキスを狙ったことがありません。
底が砂地のところを適当に探りますが、釣れるのはクサフグ、ベラ、ノドクサリなどで、キスはまったく釣れません。
師匠に釣況を確認するも、タイラバはまったくアタリなしとのこと。
そんな中、ハゲ肝もタイラバを始めましたがもちろんアタリはありません。

c0090725_836024.jpg

画像は忍耐の師匠です。

Aだとシロサバフグやホウボウなどもアタルので退屈はしませんが、この場所のタイラバ釣りでは外道はめったに来ません。
退屈したハゲ肝は再びキス狙いに・・・
そして遂に20㎝ほどのキスをゲットしましたが、なにぶんやっと釣れたキス。
この1匹ではどうにもならないのでリリースしました。
ところが、次の一投にもキスが。
これから釣れると思いこのキスはクーラーへ(^_-)-☆
ところがその後はキスのアタリはありませんでした。
不運なキスさんごめんなさい。

13時ころ師匠から全然アタリがないと電話、しかしその最中にアタリがあったそうで電話を中断。
40㎝クラスのタイを釣ったそうです。
ハゲ肝も再度タイラバです。
引き潮に転じ、本流筋も流れが緩やかになっていました。
そうして遂にヒットです(^_^)v
60cmありました。
師匠も1匹追加したようです。
あと1匹で4人分・・・
再びハゲ肝にヒット。
40cm余りでした。
これで4人分確保ということで15:30納竿。

c0090725_8571725.jpg

画像はハゲ肝の釣果(このほかにも不幸なキスが1匹)

師匠はタイを2匹、野猿さんはシオを1匹、栄丸さんは・・・内緒です(^_-)-☆
[PR]

by hagekimo | 2014-09-14 09:01 | Comments(4)