ハゲ肝の世界


ハゲ肝の2馬力ボートでの釣行記録や徒然なることがらを不定期に記します
by hagekimo
最新のコメント
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


暑さに負けず

5/27(水)
まだ5月だというのに夏日が続いています。
そんな中、またまたT師匠との出漁です。

釣果報告に入る前に報告です。
ハゲ肝たちが利用させてもらってるA漁協との交渉結果です。
1 これまでその都度1回分の駐車料(スロープ使用料)500円を漁協に支払っていましたが、半年分まとめて3,000円でOKとなりました。
 もちろん、これまでどおり毎回500円支払いでもOKです。
2 漁協の水道(高圧を除く)を使わせてもらえることになりました。
スロープ横にある漁協の小屋の中に蛇口があります。
交渉ではバケツに数杯程度だからということで了解を得ました。
なお、使用後はホースをきちんと整理し、小屋の扉は閉めておいてください。

さて、この日も最初はエサ用アジ釣り→アオリ&ヒラメ狙いでスタート。
二か所に分かれてアジポイントを攻めます。
ハゲ肝のポイントでは10㎝までの豆アジが釣れますがエサには小さ過ぎます。
師匠のポイントではエサには大きすぎる25㎝ほどのアジが数匹釣れたとのこと。
そちらに移動してほどよいアジを狙います。
ところが、その後は二人ともアジが釣れません。

c0090725_7313027.jpg

画像は師匠です。

しばらくしてやっとハゲ肝に25㎝と22㎝くらいのが釣れました。
さっそく22㎝をエサにして泳がせ仕掛けを投入、その傍ら引き続きアジを狙います。

しかしやはりアジは釣れません(T_T)
そんな時、泳がせ仕掛けにアタリがありましたが合わせが決まらず空振り。
上げてみるとアジの後頭部がしっかり齧られていました。
そのまま再び仕掛けを入れますが、反応がありません。
しかし替えのエサもないのでそのままにして何とかアジを狙いますが一向に釣れません。
ところが、放っておいた仕掛けの竿が大きくしなっています。
おっ!! 死んだアジにアオリか!?
合わせを入れると強烈な引き、この引きはヒラメに間違いなしと喜んだのも束の間、途中でバレてしまいました。
合わせが早すぎたようです。
ヒラメと分かっていればもう少し食い込ませたのに・・・
その後もやはりエサ用のアジが釣れないので断念、タイラバに移行です。
シロサバフグにタイラバを痛められながらなんとか小さなタイとレンコダイを釣って終了しました。

c0090725_7333140.jpg

この日の予報では風速2~4mでしたが、一日中無風状態でした。

結局、この日のハゲ肝はタイ30、35㎝ レンコダイ28㎝2匹 シロサバフグ25~38㎝5匹 カワハギ1匹 アジ1匹 でした。
師匠はタイ40~60㎝4匹 イトヨリ40㎝1匹 アジ数匹 シロサバフグ数匹でした。

c0090725_7365496.jpg

画像はハゲ肝の釣果です。
[PR]

by hagekimo | 2015-05-28 07:36 | Comments(2)

台風も去って

5/22(金)
台風6号に続き7号のうねりの影響でしばらく太平洋側には出船できませんでしたが、この日やっと波も収まり、風も大したことがないとの予報。
さっそくT師匠と出陣しました。
現地で出船準備をしていると見慣れないカートップがやってきました。
T師匠に「先日大きなブリを釣ってましたね」。
ということは当ブログを見てくださっている方。
お聞きするとホープ2号機さんとのことでした。
イレさんのブログ仲間、さっそく親しくなりました(^_^)v
ホープさんももともとは2馬力だったらしいのですが、イレさんの影響を受けて現在のボートになったそうです。

c0090725_142824100.jpg


画像はハゲ肝たちの様子を見に来たホープさんです。

師匠とハゲ肝はアジを釣ってヒラメ狙い、ホープさんはタイラバ一本で攻めるそうです。

まずはアジのポイントへ。
魚探の反応を見ながらアンカリング。
仕掛けを投入して釣れてきたのは25㎝ほどの青アジでした。
エサにするには大きすぎます。
5~6匹釣ったところで、もう少し小さいアジを狙って場所移動。
水深30mから15mくらいの場所へ。
ところが、こちらは15㎝までのサバばかり。
サバをエサにヒラメを狙いましたがノーヒット。
再び元の場所に戻り大きめのアジで我慢してヒラメを狙いましたがやはりノーヒット。
エサが悪いのか時期が遅いのか・・・
結局、二人とも12時まで粘ったもののヒラメは現れず・・・
仕方なくタイラバに移行です。
さっそく師匠が小ぶりなタイをゲット。
ハゲ肝にも同じくらいのが来ました。
しかしこの日はアタリが少なくフグもアタリません。

c0090725_14291793.jpg


画像はひたすら巻き巻きする師匠の寂しげな後ろ姿です(^_-)-☆

16時まで頑張ったものの、ハゲ肝はもう1匹小さめのタイを追加したのみ、師匠もミニタイ1匹とイトヨリ1匹を追加したのみでした。
なお、ホープさんはカンパチの小型を1匹釣ってました。

c0090725_1430026.jpg


画像はハゲ肝の釣果(タイ35、40cm、アジ23~25㎝30匹)ですが、大きなクーラーが泣いていました。
[PR]

by hagekimo | 2015-05-23 14:30 | Comments(4)

七つの子

5/14(木)
「七つの子」といってもカラスではありません。
ツバメです。
毎年、この時期ハゲ肝は瀬戸内のキス釣りを楽しんでいます。
そしてエサを調達しているのは淀つりぐ。
その店先にツバメが毎年巣作りをしています。
今年は7羽のヒナが誕生したそうです。

c0090725_2024631.jpg


画像では5羽しか写っていませんが7羽いるそうです。

さて、この日はハゲ肝のみの単騎出陣となりました。
徳島県南は台風6号の影響で波が高くボートが出せる状況ではありません。
その点、瀬戸内は影響がないのでキス釣りにしました。

午前7時、ゆっくりめの出港。
海上はいたって穏やか。

c0090725_2031721.jpg


最初のポイントでは20㎝位のキスが7匹。
もう少し大きいのを狙って移動。
しかし、そちらも20㎝前後しか釣れません。
去年はもう少し大きいのが釣れたのに・・・
アタリも一流しに1~2匹といった感じ。
それでもひたすら粘っていましたが、昼前になって妙にひんやりした風が吹き始めました。
これはマズいと思う間もなくポツリポツリと雨が降り出しました。
ちなみに天気予報では雨のあの字もなかったのに・・・

しばらくは雨も気持ちがいいと濡れていましたが、そのうちに強くなってきたので雨合羽を着用して継続。
しかし、遠くで雷鳴が轟くようになってきました。
ということで昼頃に納竿としました・
この日の釣果は15~23㎝を21匹、15㎝未満のリリースが10匹ほどでした。
なお、デジカメからPCへの取り込みに失敗し釣果写真はありません
[PR]

by hagekimo | 2015-05-15 20:03 | Comments(2)

ヒラメ狙いで・・・

5/7(木)
今回もまたAへの出撃。
メンバーはI倉さん、栄丸さんです。
T師匠は前日、前々日と出撃しており3連チャンはしんどいということでこの日はキャンセル、それにしても師匠のパワーには恐れ入ります。

c0090725_8161587.jpg

ポイントに向かうI倉丸(右)と栄丸

5時半に現地到着、6時出港。
まずは全員がアジ→ヒラメ狙いでスタート。
この日もアジがなかなか釣れません。
釣れるのは小さいサバとイワシ、ヒラメ釣りのエサには小さすぎ。
しばらくして栄丸さんは諦めてジグのポイントへ行きました。
それでもI倉さんとハゲ肝はしつこく粘っていました。
というのも、魚探にはアジらしき反応が・・・
ハゲ肝に待望のアジがヒット、エサにするにはちょっと大きすぎるくらい。
それでもヒラメ仕掛けをセット(^_^)v
その後、ぽつりぽつりアジが釣れ出しました。
そうして来ました!! ヒラメ仕掛けに。
十分喰わせたところで合わせました、ズシッという重量感と引き。
ところが10mくらい上がってきたところで竿先がはね上がりました(@_@;)
ハリス切れです、5号ハリスが切れたあたりでザラザラになってました。
呑ませすぎて歯に当たったのでしょう。
I倉さんにもヒットしましたが、こちらも途中で外れたようです。

c0090725_818489.jpg

I倉丸の画像

再びヒラメ仕掛けをセットし、アジ釣りを続行。
今度はいきなりヒラメ仕掛けが引き出されました、合わせを入れるもヒットせず。
仕掛けを上げてみると、アジの後頭部が齧られています、そうです!アオリの仕業です。
アオリ仕掛けでないため針がかりしません。
この後も齧られが1回ありました。

昼になり二人はヒラメを諦めタイラバへ。
開始早々二人ともタイをゲット、I倉さんはそのほかイトヨリとホウボウを追加。
ハゲ肝は追加することができず納竿となりました。
この日の釣果は、ハゲ肝:タイ1匹、アジ40匹、 I倉さん:タイ、イトヨリ、ホウボウ各1匹、アジ40匹でした。
栄丸さんは、睡眠不足だったため早々に引き揚げました。

c0090725_8191973.jpg

画像はハゲ肝の釣果です。
[PR]

by hagekimo | 2015-05-08 08:19 | Comments(4)

yahoo波予測を信じて・・・

5/3(日)

いつ出撃しようかと天気予報や波予測を見ながらT師匠と検討しこの日に決定。
天気予報では晴れ→曇り→雨(夜)、波予測は終日ベタ凪ぎ
の筈でしたが、曇りのち雨でした。
波の方もベタ凪ぎとは程遠いようなうねりがありましたがなんとか竿を出すことができました。

この日のメンバーは師匠と野猿さん。
そして海上でお会いした二人連れさん。
この方は当ブログを見てくださっているそうで声をかけていただきました。

c0090725_840761.jpg


そのお二人さんです。
しばらく近くを一緒に流しましたがアタリがなく離ればなれになりました。

この日ハゲ肝はシーアンカーを忘れてきてしまい小さいバケツを代用しましたが、やはり効きはよくありません。
ラインがかなり斜めになりますが、なんとか苦心して続けていました。
最初にヒットしたのは師匠、上がってきたのはホウボウ。
そして野猿さんには本命のタイがヒット。
残るはハゲ肝ですがシロサバフグしか釣れません。
野猿さんはクエの子をヒット。

焦っていたハゲ肝にもやっとそれらしきアタリがあり取り込んだのは45㎝あまりのタイ。
その後は忘れた頃にアタリがある程度。
結局ハゲ肝は30~55cmのタイ3匹、30㎝ホウボウ1匹、シロサバフグ6匹でした。
師匠は30、50㎝タイ2匹、イトヨリ40㎝1匹、チヌ40㎝1匹、アジ30㎝1匹、ホウボウ1匹、シロサバフグ数匹でした。
野猿さんはタイ1匹、クエ子1匹、シロサバフグでした。

c0090725_943198.jpg


画像はハゲ肝の釣果。
みなさん波のある中ご苦労様でした。
[PR]

by hagekimo | 2015-05-04 09:05 | Comments(6)