ハゲ肝の世界


ハゲ肝の2馬力ボートでの釣行記録や徒然なることがらを不定期に記します
by hagekimo
最新のコメント
野猿さん、こんにちは(^..
by hagekimo at 14:27
昨日は低水温の中での釣行..
by 野猿 at 12:12
シロさん、おはようござい..
by hagekimo at 10:15
 寒い中、お疲れさまでし..
by シロ3号 at 08:52
つよしさん、お疲れさまで..
by hagekimo at 20:30
なんと! やっぱり相当厳..
by つよし at 13:06
野猿さん! お久しぶりで..
by hagekimo at 15:40
MIKI 3さん、こんに..
by hagekimo at 15:31
ハゲ肝さんお久どぇーす!..
by 野猿 at 12:27
14度は少し水温が低すぎ..
by MIKI 3 at 17:29
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


3人とも撃沈

11/29(日)

今回もアオリを狙っての出陣でした。
メンバーはいつものT師匠とAさん。
AさんはT師匠のボートに便乗しての挑戦です。

ハゲ肝は3時に自宅を出て、途中釣り具屋さんでアジ釣り用の赤アミを調達¥216し目的地へ。
現地には6時くらいに到着。
ほどなく師匠がAさんを伴って到着。
Aさんはこのところ師匠と太刀魚の夜釣りで成果をあげているそうです。

この日はハゲ肝たちが釣りを終えて港で後片付けをしている頃につよしさんが見に来るとのことなので一層力が入ります。

先ずはアジポイントでエサとなるアジの調達です。
この日はコンスタントにアジが釣れました。
当然、ついでのヒラメ仕掛け(アジ泳がせ)も入れています。
2艇が並んでアジを釣っていたときヒラメ仕掛けに大きな締め込みが・・・(^^)v
アジ仕掛けを置いてヒラメ仕掛けに持ち替えると反応がなくなりました。
しばらく待ちましたがやはり反応がありません。
上げてみるとアジはついたまま、わずかに傷がついてました。
その後も粘ってはみたもののヒラメのアタリはありませんでした。

師匠たちはアオリ用のエサが調達できたので先にアオリポイントへ移動しました。
ヒラメに未練を残しながらハゲ肝も遅れてアオリに移行。
到着して1投目、2本目の仕掛けの準備をしていて顔を上げると1投目のウキがありません。
あわてて竿を取りきいてみると、グー、グーとアオリの引き(^^)v
十分に抱き着かせて大きく合わせるとズシッと乗りました。
上がってきたのは

c0090725_863522.jpg

このアオリです。
師匠に一報を入れると、師匠の方は二人とも全然アタリがないとのことでこちらに来ることに。
その間さらにアタリがありましたがすぐに離してしまい、同じ場所を攻めるもウキを沈めることはありませんでした。
師匠たちも到着したのですが、その後は反応がなくこのポイントを後に・・・

あちらこちらアオリを求めて移動しましたが、結局その後はノーヒットでした。
午後3時納竿。
せっかくつよしさんが見に来るのにいいところを見せられません(-_-;)
港で後片付けをしているとつよしさんがやって来ました。
初対面のあいさつを交わし、後片付けをしながらボート談義や釣り談義。
午後5時くらいに港を後にしました。

この日は交通状況がスムーズで午後8時ころ自宅に到着(スピードは出していません、悪しからず)。
えっ!師匠たちの釣果?
沢山釣っていました、アジですが・・・(^_-)-☆
3人とも撃沈、ゲキチン、ポテチン。
[PR]

by hagekimo | 2015-11-30 08:23 | Comments(4)

今年は表年?

11/16(月)

昨年&一昨年はハゲ肝のHGではアオリは裏年でした。
台風による大波で幼いアオリたちが壊滅したのと、海水温が10℃を下回る日が何度もあったため、より海水温の高い室戸方面に移動してしまったためと考えています。
そのため、昨シーズンはアオリは一度しかチャレンジしていません。
しかし今年はすでに3回目です。

今回のメンバーはT師匠、野猿さん、栄丸さんです。
現地には6時に集合。
そそくさと準備を済ませ、まずはエサのアジ釣りです。
前回と違ってアジはあまり釣れません。
1時間30分くらいでハゲ肝と師匠が30匹前後、野猿さんと栄丸さんが10匹前後でした。
アオリを釣る時間がなくなるので、アジを等分に分けてアオリ釣りに移行しました。

4人が思い思いの場所に移動して釣り開始。
ハゲ肝の近くでは栄丸さんも竿を出しています。
他の二人は遠くへ行ったらしくボートは見えません。

ハゲ肝にアタリ。
毎度のことながら、アオリが道糸を引き出すドラグ音はなんともいえません。
上がってきたのは胴長18㎝くらいの小型ですが、この時期はこんなもの。
少しづつポイントをずらせながらポツリポツリと追加しました。
師匠に電話を入れると、まだ1パイのみ、野猿さん、栄丸さんも似たようなものとのことでした。
3人はいい場所を求めてあちらこちら移動していますが、ハゲ肝は動かず。
結局これがよかったのかハゲ肝がこの日の竿頭になりました(^^)v

c0090725_817561.jpg


この日のハゲ肝の釣果(アオリ18~23㎝8ハイ)です。
師匠3バイ、野猿さん4ハイ、栄丸さん3バイでした。
[PR]

by hagekimo | 2015-11-17 08:20 | Comments(6)

ふたたびアオリ狙い

11/10(火)

前回アオリにふられ今シーズンもアオリはダメかなと思っていましたが、あちらこちらからアオリの情報が入ってきました。
となると行かないわけにはいきません(^^)/
本日もT師匠との釣行です。

現地6時に到着、駐車場にワンボックス車が1台止まっていたので先客があるようですが、すでに出港したかあるいは昨晩から出漁しているのかもしれません。

出港準備を終え、まずはエサのアジを調達です。
アジポイントに到着、魚探にほどよい反応。
実釣時間30分ほどで調達完了。
そのため、併行してやっていたヒラメ仕掛けにはアタリがないまま終了。

さっそくアオリを求めてポイント移動。
まずは情報のあったポイントで開始、仕掛けはいつものウキ釣りです。
しばらくすると待望のアタリ。
久しぶりに聞くジジジーのドラグ音。
タイミングを見計らってエイッと竿を立てます。
ズッシリとした手応えとはいきませんが乗っています(^^)v
上がってきたのは300gくらいの小さなアオリ。
しかしおよそ一年ぶりのアオリですウレシー(^^)/
このポイントではもう1パイ追加。

大きなアオリを求めて、次は師匠がその昔大釣りしたというポイントへ。
約30分かけてそのポイントに到着。
2馬力なので移動の時間が半端ではありません。
しかしこのポイントではアタリがありませんでした。
ふたたび移動です。
今度も30分くらいかけての移動となりました。
すでに午後1時をまわっています。

1投目にヒット。
しかし乗っているのかバラシたのか分からないまま上げてみると、超ミニアオリが。

c0090725_6293518.jpg

エサのアジと同じくらい⁉
もちろん、大きくなってまた会おうねと約束してリリースです(^_-)-☆
その後、少しづつポイントをずらしながら3バイゲットで終了。
約40分かけて帰港。
さらにボートを仕舞って車に積み込むのに約1時間。
結局、現地を後にしたのは5時40分になっていました。

c0090725_6284581.jpg

画像はこの日のハゲ肝の釣果です。

なお、師匠はヒラメ狙いを優先していたためアオリは3バイ、ヒラメはノーヒットでした。

c0090725_6304088.jpg


画像は最後のポイントでアオリを狙う師匠です。
[PR]

by hagekimo | 2015-11-11 06:31 | Comments(0)