ハゲ肝の世界


ハゲ肝の2馬力ボートでの釣行記録や徒然なることがらを不定期に記します
by hagekimo
最新のコメント
野猿さん、こんにちは(^..
by hagekimo at 14:27
昨日は低水温の中での釣行..
by 野猿 at 12:12
シロさん、おはようござい..
by hagekimo at 10:15
 寒い中、お疲れさまでし..
by シロ3号 at 08:52
つよしさん、お疲れさまで..
by hagekimo at 20:30
なんと! やっぱり相当厳..
by つよし at 13:06
野猿さん! お久しぶりで..
by hagekimo at 15:40
MIKI 3さん、こんに..
by hagekimo at 15:31
ハゲ肝さんお久どぇーす!..
by 野猿 at 12:27
14度は少し水温が低すぎ..
by MIKI 3 at 17:29
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


タイラバ初挑戦のNさん参戦

1/28(木)

今回は師匠とハゲ肝のほかNさんも参戦です。
Nさんは先日のハゲ肝のアジ爆釣の情報で参戦することになりました。
まずはアジのポイントで3人が釣り開始。
今回は前回のように2連、3連はありませんが、コンスタントにそこそこ釣れました。
最初に師匠がタイラバに移行、ハゲ肝とNさんはしつこくアジ釣りを続行、というかNさんはタイラバの道具を持ってきていません。
そこで、ハゲ肝の予備の仕掛けをセットしてNさんに貸してあげることにしました。
いよいよNさんのタイラバ初挑戦が始まりました。
ポイントやリールを巻くスピードをコーチ。
するとヒット(^^)v
ドラグを締めすぎないようコーチしながら、上がってきたのは60㎝超のタイでした。
Nさんの喜びようは大変なものでした。
当初、ハゲ肝が貸した道具類を見て、心中、こんなオモチャのような道具、ハゲ肝が使えないから貸してくれたと思ったそうです。
タイとやり取りをして理解できたそうです。

さて、ハゲ肝ですが、青物と格闘2回。
いずれも72㎝のメジロでした。
ハゲ肝が20分あまりかけて釣りあげたのを見てなお一層理解が深まった様子。
ただ、Nさんにも青物らしきアタリがありましたが惜しくもラインブレイク。
きっとドラグの締めすぎが原因でしょう。
これでまた一人タイラバ中毒者が増えました(^_-)-☆

c0090725_135260.jpg

この日のNさんの釣果です。
タイは62㎝ありました。

c0090725_136688.jpg

こちらは師匠の釣果。
このタイも62㎝でした。

c0090725_1365325.jpg

そしてこれがハゲ肝の釣果です。
メジロは72㎝、イトヨリは48㎝です。
[PR]

by hagekimo | 2016-01-29 13:07 | Comments(8)

四匹のおっさん

1/21(木)

大荒れだった日本列島。
束の間の好天となったこの日四匹のおっさんが出陣しました(^^)/
T師匠、栄丸さん、野猿さん、そしてハゲ肝の四匹です。
釣行の前日、突然師匠から明日行こうとのお誘い。
今回は野猿さん、栄丸さんも行くからとのこと。

ハゲ肝と師匠は例によって明るくなるころに現地に到着。
すると野猿艇、栄丸艇はすでに出港準備をすませてました"(-""-)"
暗いうちから準備をすると近所迷惑になりますよと声をかけたあとハゲ肝たちも準備にとりかかりました。

今回ハゲ肝はまずタイラバをしてそのあとアジ釣り→アオリ釣りの予定、他の3人はタイラバ一本。
まずは前回よく釣れたポイントを4人が流します(といってもそれぞれ50m以上離れています)。
最初にアタリがあったのは師匠、ミノカサゴでした。
前回も師匠はミノカサゴを釣っています。
ミノカサゴのことを知らない栄丸さんに見慣れない魚には触らないように伝えます。

次にアタリがあったのはハゲ肝、30㎝足らずのタイだったのでリリース。
師匠にも同型が来てこれもリリース。

その後、入れ食いとはいきませんが、誰かかれかにアタリ。
野猿さんがタイを上げた、栄丸さんが大きなオオモンハタを上げた、師匠もタイやオオモンハタを上げたとか・・・
ハゲ肝にも55㎝くらいのタイと75㎝のメジロが釣れました(^^)v
持って帰る荷もできたハゲ肝は昼ころになってアジのポイントへ。

魚探にはしっかり反応が・・・
この分だとエサの確保はすぐできる(^^)
そして仕掛けを投入するとさっそく2連、3連と上がって来ます。
ただこのアジ、赤アジでアオリのエサには大きすぎるサイズです。
小さいアジがかかってほしいと贅沢に祈りながら釣りますが、どれも大きすぎます。
そのうちアオリはもういい、このアジでいこうと気が変わりひたすらアジを釣り続けました。
150匹くらい釣ったころ師匠から、早いけど納竿にしようとの電話。
みなさん結構釣ったみたいです(^^)/

c0090725_8132062.jpg


画像は栄丸さん。
50~55㎝のオオモンハタ2匹のほか、40~60㎝のタイが数匹

c0090725_8154123.jpg


野猿さんです。
75~80㎝くらいのメジロ2匹、60㎝前後のタイ数匹、ホウボウです。

c0090725_8193847.jpg


そして師匠。
60㎝タイ、45~50㎝オオモンハタ、50㎝ホウボウ、ミノカサゴです。

当ブログは画像が3枚までなのでハゲ肝の画像はありませんm(__)m
[PR]

by hagekimo | 2016-01-22 08:23 | Comments(8)

アオリ狙いが・・・

1/10(日)

本年第2弾はアオリを狙っての釣行です。
メンバーはT師匠、そしてNさん。
師匠はアオリは狙わずタイラバ一本、Nさんはヤエンでのアオリ一本。
ハゲ肝はというと、とりあえずアオリを狙ってみてダメだったらタイラバ(^_-)-☆

師匠と出船準備をしているとNさんから連絡があり1投目からアタリがあったとのこと。
別の場所から出船しているNさんはすでにポイントで釣りを開始しているよう。
出船準備を済ませNさんのいるポイントを覗きに行きました。

c0090725_7521258.jpg


Nさん艇です。
ぼちぼちアタリはあるそうです。
Nさんと違ってハゲ肝はエサのアジは現地調達なので急いでアジのポイントへ。
師匠はタイラバポイントへ。
魚探の反応を確認しアジ釣り開始。
すると早速アジが釣れました。
1時間足らずで30匹ほどをゲットしたところでNさんに連絡を入れると、アタリが途絶えてしまったとのこと。
しかたなくこのアジポイントでヒラメを狙うことにしました。

午前10時、Nさんから2連チャンでヒットしたとの連絡。
慌ててそちらに向かいます。
ハゲ肝はヤエンではなくウキ釣りでアオリを狙います。
しかし反応がありません。
ヤエンのNさんも反応がなくなったようです。

しばらくして師匠から様子うかがいの電話。
師匠はすでにタイ1匹とオオモンハタを1匹釣っているそうで、ハゲ肝にアオリはやめてタイラバに移行するよう勧めます。
アオリに未練のあるハゲ肝は別のポイントでアオリを狙い始めましたがそちらもノーヒット。
いよいよアオリを諦めてタイラバに。
13時30分タイラバスタートです。
最初のポイントをひと流しするも無反応、師匠が釣っているポイントへ移動。
すると早速アタリ。
30㎝ほどの小さなタイでした。
その後60㎝近いコチやタイを追加、日も傾きかけた16時に納竿としました。

c0090725_830248.jpg


画像はこの日のハゲ肝の釣果です。
アオリには見放されましたがタイラバでまずまずの釣果を得ることができました。

c0090725_8323039.jpg


これは師匠の釣果。
タイ、カンパチ、オオモンハタ、ミノカサゴ、コウイカです。
小さく見えますが、タイは60㎝超あります。
なお、コウイカはタイラバではなくスッテで釣ったそうです。
[PR]

by hagekimo | 2016-01-11 08:35 | Comments(2)

2016初釣り

1/4(月)

あけましておめでとうございますm(__)m
今年もよろしくお願いします。

さて、2016年の初釣りに行ってきました。
メンバーは久しぶりのT師匠。
このところ師匠は愛艇での釣りに行けていません。
友人の職場で欠員が出たため、補充できるまで手伝っているからです。
その職場が正月休みとなったため今回の出撃となりました(^^)v

ところでハゲ肝は今回もダブルヘッダー。
ボート釣りの前に太刀魚釣り(^^)v
午前0時に自宅を出発。
現地には満潮前の1時過ぎに到着。
誰もいません(当たり前か・・)

仕掛けをセットして第一投。
するといきなり仕掛けが右へ左へ走りました。
合わせのタイミングが難しく結局針がかりしませんでした。
気を取り直して二投目。
再び電気ウキが沈みました(^^)/
が、すぐに浮いてきてその後反応なし。
これもヒットせず。
しかし、この調子なら・・・と気合がはいります。
ところがそれからはまったくアタリがありません。
ルアーの人もやって来ましたが、アタリがなく1時間くらいでやめてしまいました。

次の釣りに行くには4時過ぎまでここで頑張らなければなりません。
その間、一度だけウキを沈めましたがこれもすぐ離しました(-_-;)
食い気がないようです。
結局、1匹も釣らないまま次の釣りに向かう羽目に・・・。

第2ラウンドの場所には6時半に到着。
師匠とともに明るくなるのを待ってからボートの準備

c0090725_821579.jpg


ほぼ出港準備が整った2艇です。
そして2016年のハゲ肝丸の初出航。
30~40分かけてポイントへ。
若干うねりがありますが、風もなく穏やか。
遠くには30隻ほど釣り船が出ていました。

さて、そのポイントでは二人とも1匹ずつタイをゲット。
シロサバフグのアタリはありますが、追加ができません。
それぞれポイントを移動します。
しばらくしてハゲ肝に立て続けにヒット。
さっそく師匠を呼びます。
しかしその後はアタリが途絶えました(-_-;)
さらにポイント移動。
オオモンハタの多いポイントへ。
するとさっそくアタリ。
上がってきたのはタイでした。

師匠もやって来てオオモンハタを釣りあげました。
そしてハゲ肝にもオオモンハタが。
納竿間近となったころ師匠に大物がヒット。
長い格闘となりました。
そしてなんとか上がってきたのは体長1mを超えるサメ(@_@)
昨年の108㎝のブリ超えを期待していただけに師匠の落胆ぶりが滑稽なほどでした。
そしてこのサメで納竿としました。
本日の釣果はタイ40~50㎝4匹、オオモンハタ45㎝1匹、シロサバフグ2匹。
師匠はタイ2匹、オオモンハタ1匹、イラ1匹でした。

c0090725_828212.jpg


画像はこの日のハゲ肝の釣果です。
[PR]

by hagekimo | 2016-01-05 08:28 | Comments(8)